Japan Creative Arts, LLC

The School of TAIKO

info@japancreativearts.com

japantaiko@gmail.com 

Our community performances supported by

Thank you for your supporting! Your generous thought will make positive impact for the community with Arts & Culture!

Donation with Tax Deduction?

Use this button for supporting!

Performance of CHIKIRI & The School of TAIKO is fiscally sponsored by Shunpike

Shunpike is the 501(c)(3) non-profit agency that provides independent arts groups in Washington State with the services, resources, and opportunities they need to forge their own paths to sustainable success.

Donation without Tax Deduction?

Use this button for supporting!

/​太鼓の学校

 All rights reserved 

ウェブサイトの内容の無断転載・複製はご遠慮ください

ARTISTS/CHIKIRI

CHIKIRI

~The Japanese Taiko Drummers ~

 

CHIKIRI is formed by founders of The School of TAIKO, full time artists  Ringtaro Tateishi and Asako Tateishi and also their son Sohshun Tateishi.   "CHIKIRI" means a butterfly joint used in woodworking; it holds two pieces of wood together.  Similarly, this group will achieve the goal of joining People, Artists and Cultures together from all over the world through the music , mainly Japanese Taiko Drumming.

Also, for expanding the Japanese Taiko world in high quality at out of Japan,  new members are under collection regardless of experience and nationality. 

CHIKIRI is selected the Performing group of Touring Arts Roster of 4 Culture.

Meet The Team

Ringtaro katsugi web.jpg

Ringtaro Tateishi

Sohshun by Chris co Background.png 2015-

Sohshun Tateishi

Shamisen asa.jpg

Asako Tateishi

 

Ringtaro Tateishi is the leader of the CHIKIRI. He is world class professional Taiko Drummer, Composer and Arranger who is Artistic Director of The School of TAIKO which providing Japanese Musical programs based in Bellevue / Seattle for sharing and spreading the Japanese Musical Culture and Creative new Arts with high quality mainly on the west coast. 

Ringtaro is former member of the ONDEKOZA for 10 years and performed at EPCOT / Walt Disney World for 7 years daily. As the artistic director of ONDEKOZA, he visited over 26 countries and held over 1,000 performances including accomplished “U.S.A. Running Tour”; Over a 3 year period, running 20 -30 miles a day for ran the whole distance of the perimeter of the United States, and performed 356 times at various places around the country, including four concerts at CARNEGIE HALL.

In 2009, he have moved to Seattle which is his most famous city in the USA and founded “ The School of TAIKO” with his partner Asako Tateishi. Also, he is renowned as a workshop leader in North America.  As a composer, he has created the numbers for the School of TAIKO, Matsuriza and some of the groups in USA.

立石 鈴太郎は三重県四日市市出身、シアトル在住のプロフェッショナル太鼓奏者・作曲家・アレンジャー。

“ちきり”のリーダーであるとともに、太鼓の学校/ The School of TAIKOの芸術監督として、ワシントン州の

ベルビュー・シアトルをベースとして主に米国の北西地域に音楽プログラムを提供している。

鈴太郎は鬼太鼓座の主要メンバーとして、1989年から1999年の10年間で26カ国にて1,000回以上の公演を行った他、アメリカの外周を毎日20~30マイルのマラソンによって走破しながら、カーネギーホールで4回の演奏を行う“アメリカ ランニングツアー”を完走した記録を持つ。

 

その後、家族と共にフロリダへ移住し、ウォルト・ディズニーワールドのEPCOTにおいて世界からのゲストに7年間に渡って太鼓演奏を披露。アメリカ各地のフェスティバルでの演奏に参加するほか、グループのメンバーへの新しい曲の指導などを行う。彼が作曲、振り付けをした三つ打ちは’ランタナ’として、現在も祭座により五重塔の舞台などで演奏されている。

 

2009年にランニングツアーで訪れた米国49州の中で、最も気に入ったシアトルへ移り、パートナーの立石あさこと共に“太鼓の学校 / The School of TAIKO ”を立ち上げ、今に至る。上級太鼓指導者として北米最大の太鼓コンファレンスでワークショップリーダーを務めるほか、北米の主要な太鼓グループへのワークショップの依頼も多い。 また、作曲家としては、

太鼓の学校で使用するすべての曲の作曲、振り付け、アレンジの他、米国内のグループへの楽曲提供も行っている。

代表曲として、

フロリダのディズニーワールドで祭座が演奏している”ランタナ”(三つ打ち)

舞台上に花を咲かす華やかな”一番”などがある。

Asako Tateishi is a full time artist of Taiko Drums, Fue and Tsugaru Shamisen of the group of CHIKIRI, also she works as executive director of The School of TAIKO from 2009 and producer of the " Bellevue World TAIKO Festival" from 2014.  Through these activities, she promotes the mutual understanding beyond borders and produce the benefit for communities and Creative new Arts with high quality mainly on the west coast.

Asako performed at Walt Disney World / EPCOT in Florida and performed several Japanese Festivals around the USA like, International Taiko Festival (San Francisco), Stone Mountain Festival (Atlanta), Hatsume Festival (Miami) and more as a member of MATSURIZA

立石あさこは三重県津市出身、シアトル在住の太鼓・篠笛・津軽三味線奏者・イベントプロデューサー。   

2009年に立ち上げた太鼓の学校/ The School of TAIKOのディレクター、インストラクターとして運営・指導を行うほか、2014年からベルビュー・ワールド太鼓フェスティバルをプロデュース。ベルビュー・シアトルをベースとして主に米国の北西地域に音楽プログラムを提供している。 

”ちきり”のメンバーとして、主に弦楽器、篠笛を担当。2002年より”祭座”のメンバーとして、ウォルトディズニー ワールドのEPCOTを始め、アメリカ各地でのジャパン・フェスティバルやコンサートにて演奏しており、2018年春にNYを拠点とする”太鼓座”の舞台にも参加。2019年のNATCにて小島千絵子氏より花八丈を学び始める。

日本在住時に鈴鹿サーキット、ツインリンクもてぎでの二輪の実況中継とピットレポーター、ファンイベントのMC、各種イベントの企画・運営・MCとして活動していた経歴を活かし、太鼓演奏の提供にとどまらず、そのイベントでの太鼓の効果的な演出の提案などを行うことで太鼓と邦楽器の魅力を海外に広めるように尽力している。

 

Sohshun Tateishi is a percussion player , both of Japanese (Taiko) and western (Snare) style and rhythm.  Currently he studies at the University of Washington and snare drummer of the Husky Drumline.

He performs in the Bellevue World TAIKO Festivals and various cultural events as a member of "CHIKIRI".  With snare drum, he performs in WGI: Eruption Indoor Percussion, Emerald City Boom, School Marching band and Drum line.  Also, he challenged the DCI audition at the age of 15 and joined the world class Seattle Cascades Drum and Bugle Corps as a pit player and completed the national tour in the US.  Furthermore, he appeared "Snowflake Lane" which is most popular winter event in Seattle area from 14 years old. 

He was co-founder of the drum-line "Scarlet Knights Percussion" of his high school and won the top prize in the snare line and baseline division, 1st overall at Drumline festival of Bellevue one year after founded, November 2018.   In 2019 season,  SKP won first prize at Lincoln Drumline Festival, Glacier Peak Drumline Festival with extraordinarily  Snare line,  Bass line and Tenor  line, Champion of 2019 Battle in the Valley and Champion of BDX2019.

In addition, he supports the operation of JCA through interpretation and translation, and also composes for BGM of Promotion Video

立石颯春はシアトル在住の太鼓・スネアドラム演奏者。現在、ワシントン大学でバイオケミストリーとCSを学ぶ大学生であり、ハスキードラムラインのスネアドラマー。1歳で両親と共にアメリカに渡ったため、言語、パーカッション共に日米バイリンガル。

父親が太鼓演奏者、母親も太鼓、琴、三味線などに親しんでいたため、幼少期から邦楽器に囲まれて成長。小学4年生よりドラムセット、太鼓の稽古を開始。中学入学後よりジャズバンドでのドラムを担当。高校でドラムラインに出会い、マーチング・スネアドラムの練習を開始。現地校9年生の15歳でDCIのオーディションに初チャレンジし、ワールドクラスのシアトル・キャスケーズにピットプレイヤーとして参加、米国内ツアーを完遂。冬に開催されるバッテリーで順位を競うWGIや学校のコンペティション・マーチングバンドに参加するほか、14歳からは地元の冬の人気イベントである”スノーフレークレーン”でのスネアパフォーマーとしても活動。

高校でドラムラインのグループ”スカーレット・ナイツ・パーカッション”を立ち上げ、結成1年後の2018年11月にベルビュー・ドラムラインフェスティバルでの総合1位、スネアライン・ベースライン部門でのトップ賞を獲得。2019年のシーズンでは、リンカーン・ドラムラインフェスティバルで優勝、グレイシャーピーク・ドラムラインフェスティバルでの優勝とスネアライン、ベースライン、テナーラインで部門賞を受賞したほか、シーズン中に参加したすべてのコンペティションで優勝。

  

太鼓演奏者として、”ちきり”の一員としてベルビュー・ワールド太鼓フェスティバルを始め、フェスティバルや

文化イベントにて演奏。スネアドラマーとして洋楽リズムと太鼓の和のリズムを繋げる役割を果たしているほか、JCAの通訳・翻訳をサポート、PVのBGMなどの作曲も行っている。